コーチ養成講座 毎月開催

オススメ

NCCでは、コーチとして活躍するための資格と、コーチングの技能を教授するインストラクターとしての資格を取得することが可能です。

 

独立開業支援型コーチング資格取得 (Independent Support Coaching)

基礎・・・12H NCC認定ベーシックコーチ | Basic |BA |
中級・・・24H NCC認定ジェネラルコーチ | General |GE |
上級・・・36H NCC認定エキスパートコーチ | Expert |EX |
※コーチング講師希望の方はExpertの受講が必要です。(割引制度あり)

 

【1】NCC認定ベーシックコーチ(Basic:12時間)

1.コーチングの基礎
2.コミュニケーション
3.傾聴スキル
4.承認スキル

 

 

【2】NCC認定ジェネラルコーチ(General:24時間)

1.コーチングの基礎
2.コミュニケーション
3.傾聴スキル
4.承認スキル
5.質問スキル
6.セルフコーチング
7.EQ(心の知能指数)
8.提案スキル

 

【3】NCC認定エキスパートコーチ(Expert:36時間)

1.コーチングの基礎

コーチングは、なぜこれほど人気があるのか?コーチングの成功例を紐解きながら、ワークを交えて実感します。また、人の可能性というものの存在を理解し、コーチングがそこに関わる人材開発の技法であることを実践的に学びます。

2.コミュニケーション

コーチングは双方向の質問形のコミュニケーションですので、まずはコミュニケーションの重要性とその機能を学びます。また、パーソナリティやタイプを知るために、分析ツールを使用し体感します。

3.傾聴スキル

人は熱心に耳を傾けてくれる相手には、信頼や親しみを感じて接します。傾聴は、コーチングでの「ラポール=信頼」の橋渡しに欠かせない心理カウンセリングなどでも活用されているテクニックです。

4.承認スキル

承認とは、「かけがえのない存在」を全て受け入れることです。そしてそれは、一生懸命に「承認」を伝える言動です。「伝えたから大丈夫」ではなく、相手が「承認」をしっかり受け止め「承認されて嬉しい」「満足できた」と心から実感できるように伝えるスキルです。

5.質問スキル

クライアントは、信頼関係にあるコーチの質問に答える中で、自ら考えたり、気づいたりしていきます。そして、コーチはクライアントが目標や望みに向けて行動に移っていけるよう、効果的な質問スキルを使い寄り添っていくのです。

6.セルフコーチング

セルフコーチングではクライアントが自分自身なのです。理想的な自分になるために、自分自身に「傾聴」し「承認」し「質問」しながら、明確に描いた「願い」「希望」「夢」に向かっていくのです。理想的な自分になるために、必要な情報や取るべき言動を自分の内面と向き合い集めるのです。

7.EQ(心の知能指数)

昨日の相手と今日の相手、昨日の自分と今日の自分、それぞれ違うのだから、同じやり方ですべてがうまくいくはずがないのです。例えば傾聴スキルでは、自分の感情を深く知り、相手の感情に共感できるものです。つまり、どのような職種であっても、仕事を効果的に相手に満足を持たせることができ、結果として業績を伸ばすには、IQだけでなく、EQが重要な役割を果たします。

8.提案スキル

コーチングの「提案」は、クライアントが長い時間答えに窮してしまうような場面で使用します。①「提案」はクライアントが自ら答えを考えるのに際し、検討の選択肢を広げる効果があります。②提案されると、人は自分の可能性に気づくことがあります。③「提案」はサポートの一環であり、「提案」という形を借りた「質問」くらいに考えましょう。

9.アサーション

どのようにすれば周りの人が快くなり、どう表現すれば自分自身の考えが効果的に相手に伝わるのでしょう。それを学ぶのが、アサ―ションを学ぶということです。アサ―ティブであることは、自分の意見を押し通すことではありません。相手の権利を侵害することなく、素直に、誠実に、対等に表現することを意味します。自分のコミュニケーションパターンに気づき、より良い表現方法を身に着けます。

10.ビジョンコーチング

皆さんは、道に迷ったらどうしていますか?自分で調べることもあるかもしれませんが、それで分からなければ、誰かに聞くこともあるはずです。ビジョンコーチングとは、クライアントが自分の将来のビジョン(目標)を明確にし、それに向かっていくのには何が必要で、何をすればいいのかを、クライアントが自ら考え、気付き、行動していくことを支援するものです。

11.パワーコーチング

コーチングを学んだけれど実践では上手く機能しないという人は、「コーチングとは上から指示命令するのではなく、下から情報を吸い上げていくコミュニケーションのとり方である」と思ってしまっているのです。それは結局、リーダーシップをポジションパワーで発揮しています。パワーコーチングでは、パーソナルパワーに基づいて、リーダーシップを発揮する方法を身に着けます。

12.コーチング実践・応用

コーチングスキルを一通り身に着けていただいた後に、基本的なスキルの実践・応用編を行うことで、スキルの定着と幅広い理解での実践的な応用力を身に着けます。双方向コミュニケーションであるコーチングスキルは、習ったものをさらに育てていくイメージを持っておきましょう。

コーチ養成講座 申し込みフォーム

性別
男性女性